香水の品質・安全管理について

>品質・安全管理について

HOME 香水 限定香水 香油 1dayレッスン ベーシック 香水講座 姉妹SHOP こだわり 香水コラム連載 調香師AIKOブログ
エジプトと香料の歴史
OEM事業 会社情報
facebookで共有する  twitterで共有する 

薬事法で「化粧品」に該当するもの、すなわち香水を日本国内で製造・販売するには、 薬事法に基づく化粧品製造販売業許可や化粧品製造業許可を取得が定められています。

薬事法第2条第3項

「人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、 又は皮膚若しくは毛髪を健やかに保つために、身体に塗擦、 散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なものをいう。」 一般に「化粧品」と呼ばれるもの(たとえば、乳液、ローションなど)だけでなく、 体に振りかけたりつけたりする「香水」も、薬事法では「化粧品」に含まれます。薬事法は、化粧品の製造販売にあたっては、化粧品の品質保証や安全管理の体制を きちんと整えることなど、非常に強い責任を、事業者に求めており、当社でもエジプトの香料会社と契約し、薬事法で定められた安全で品質の良い香料のみを使用しております。 また、徹底した品質管理をする為、厚生労働大臣が定める試験分析センターで再度分析をしており、 品質・安全管理には徹底しております。

(化粧品製造業、化粧品製造販売業 2006年10月取得)